20代のニキビ

学生の頃のニキビ跡を消すには?

ニキビ跡といっても、赤く残っているニキビ跡、シミのように黒ずんでいるニキビ跡、クレーターのようになってしまったニキビ跡と色々あります。その中でも特に、クレーター状のニキビ跡を治すのは困難といわれていました。

 

ですが、最近では、高機能の治療器によって治療が可能になってきたそうです。また、様々なニキビ跡用の化粧品なども販売されるようになってきていますね。特に、ピーリング効果のある化粧品などは、手軽に自分で使うことができるために人気があります。

 

でも、ピーリングというのは、肌を溶かしたり、削ったりする効果があるという事ですから、効果が高ければ高いほど危険度も大きいということになります。刺激を強く感じる人も多く、むしろ肌を痛めてしまうこともあるため、注意が必要です。

 

ピーリングに限らず、肌に直接使うものは、自分の肌質に合っているかどうかがとても重要ですから、痛みや痒みを伴うのに無理して使用するというのは絶対にダメです。できれば、一度専門家に見てもらうのが一番でしょう。

 

それと同時に、自分でも生活改善をした方がいいと思います。食事内容を見直して、肌を再生するのに必要なコラーゲンやビタミンB群、ビタミンCを積極的に摂るようにするといいでしょう。

 

もちろん、喫煙や過度の飲酒も止めてください。睡眠不足にならないように、シンデレラタイムにはしっかりと熟睡して、新たなニキビを作らないように努力することも重要です。

ニキビ跡

ニキビができてしまっても厄介ですが、そのあとにすぐに治ってくれればいいのですが、ニキビ跡がひどく残っている場合も多いのではないでしょうか?ニキビ跡といういのは色素が沈着してしまって赤かったり黒ずんだ色をして皮膚にニキビ跡が残るというケースと、皮膚がえぐれてしまうような形でニキビ跡がクレーターのように残るケースとあると思います。ニキビ跡を化粧品で隠そうとして隠れるものもあるのですが、ニキビ跡が陥没してクレーターになっている場合には、ニキビ跡を化粧品で隠すというのは難しいかもしれません。ニキビができた時には早めに治療をしなければ、ニキビ跡がひどく残るということがありますからケアが必要になってきます。ニキビ跡の凸凹を何とかしたいと思っている人は多く、顔だけに限らず、背中のニキビ跡治療をするという人も多いのではないでしょうか?ニキビ跡治療に効果があることとしてはレーザーなども効果があるといわれていますし、クリーム等で消すということも可能ですが、根本的なニキビ跡の治し方としてはやはり皮膚科へ行ったりしながら治療薬をもらってケアしていくしかありませんし、ピーリングを受けるという方法も効果的です。また日頃からニキビ跡対策を行う、サプリメントを摂取するなども必要です。