20代のニキビ

20代のニキビの原因

20代のニキビは、思春期の「成長に伴うホルモンバランスの崩れ」によるニキビとは全く別のものと考えてください。昔、「10代はニキビ、20歳を過ぎたら吹き出物」なんて言われ方をしていましたが、実際、それは嫌味やお笑いネタではなく、事実なのです。

 

10代のニキビと20代のニキビでは、できる原因が違います。20代前半は、生活環境が大きく変わる時期というのも要因の一つとなります。

 

学生時代は学校や両親によって生活リズムが規則正しく刻まれているものですが、就職すると仕事が終わる時間も一定ではなくなり、様々な付き合いや飲酒の機会も増え、仕事上の人間関係や業務関係のストレスに悩んだり、食事も外食が多くなりがちです。

 

また、化粧をしている時間も増えて肌に負担をかけたり、就寝時間が短くなったり、運動不足にもなってしまいやすいでしょう。これらの生活習慣的な要因は、肌にも大きな負担をかけ、それがニキビの原因となるのです。

 

もちろん、根本の原因にホルモンバランスの崩れが絡んでいることは、10代のニキビも20代のニキビも変わりはありませんが、ホルモンバランスが崩れる原因に違いがあるのです。逆に言えば、10代のニキビは防ぐのが難しいので対処療法的になりますが、20代のニキビは防ぎようがあるということになります。

 

さらに大きな違いは、若い頃は新陳代謝が激しいので肌の再生も早いのですが、20代以降では肌の再生力も落ちるので、ニキビ跡が残りやすくなります。

大人ニキビ

最近は思春期にできるニキビ以外にも、大人ニキビと呼ばれるニキビに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?大人ニキビができる原因は人それぞれ色々とありますが、一般的に大人ニキビができる原因は、毎日の生活習慣にあるとされています。寝る時間が遅かったり睡眠時間が短いなどの不規則な生活習慣や、食事の栄養バランスが偏っていたり、脂っこい食事や外食が続いていると大人ニキビの原因になります。大人ニキビは、肌の老廃物が溜まってしまって出ている状態で、昔は吹き出物と言っていましたが、最近は大人ニキビとして治療を進めています。大人ニキビの治療方法は色々とありますが、たとえば飲み薬を飲んだり、薬を飲んだり、漢方薬なども役に立つといわれています。大人ニキビの原因がホルモンのバランスだという人もいますから、原因は実にいろいろですが、大人ニキビは十分予防可能です。毎日栄養を補うために、サプリメントを摂取したり、化粧水で清潔な肌を保つなどすると大人ニキビができにくい体質になりますし、大人ニキビは毎日のスキンケアでも改善可能といわれています。大人ニキビを防ぐためには、毎日の食べ物、そしてスキンケア、生活習慣を見直すことが大切です。