20代のニキビ

20代のニキビとタバコ・お酒の関係

お酒とタバコがニキビに良くないというのは、誰でも何となくわかるでしょう。お酒もタバコも「肌トラブルの原因」だとよく言われていますよね。ですが、「なぜ肌トラブルの原因になるのか?」ときかれても、説明できない方が多いのではないでしょうか?

 

まず、お酒についてですが、日本酒の主な原料である麹(安い日本酒の場合は違うことが多いです)は、肌にいい成分ですし、特に赤ワインに多く含まれているポリフェノールやビールのホップなども体には良い成分だといわれています。

 

でも、だからといって、たくさん飲んでしまえば、体にいい成分の良い影響よりも、アルコールが肝臓にかける負担の方が大きくなってしまいます。

 

また、お酒に含まれる糖分が体内のビタミンB群を大量に消費してしまうと、肌の代謝が上手くいかなくなる可能性が高くなるでしょう。

 

それに、お酒を飲む時はおつまみを食べることが多いですよね。カロリー、塩分、脂肪分、糖分は、どれも摂りすぎるとニキビができやすくなります。

 

次に、タバコに関してですが、タバコは百害あって一利なしです。残念ながら喫煙には何一つ良い事はありません。タバコを吸うと、血液中の酸素の量が減ってしまうため、身体の様々な部位に悪影響を与えますし、がん細胞の発生を促すとも言われています。

 

タバコが肌に悪いのは、血液中の酸素量が減ることが新陳代謝の妨げになってしまうのと、肌にとって大切な体内のビタミンCを破壊するからです。

あごのニキビ

あごにニキビが出来てしまうという人も多いと思いますが、あごのニキビの原因は何なのでしょうか?あごにニキビができてしまうことの原因として考えられるのは、あごには実あ毛穴がたくさんあります。毛穴がたくさんあるこでニキビの原因にことが多い押されています。あごにニキビができるということは脂がたくさん分泌されていることにもつながりますから、食生活の見直しが必要です。たとえば胃に負担をかけるような高カロリーや脂っこい食事ばかりをしていませんか?またストレスがたまることで胃に負担がかかり、あごにニキビができるということもあります。女性の場合にはホルモンのバランスが崩れてあごにニキビができるということもあるようですから、あごのニキビの原因は色々です。男性のあごのニキビの原因で大井のは、ひげそりあとのスキンケアがきちんと行われていなことであごにニキビができるとも言われています。あごにニキビができてしまうと、治療をするのになかなか厄介ですから、できるだけ毎日のケアをしっかりと行いましょう。あごのニキビは胃が関係しているといわれていますし、あごにニキビができると痛いですよね。できるだけ早めにあごニキビの治療をするとともに原因を解消しましょう。