背中の吹き出物のケア方法は?

背中の吹き出物のケア方法は?

皆さんは、背中に吹き出物ができたことはあると思いますか?吹き出物は若い頃から、顔に出来るものと言った印象がありますが、背中に吹き出物が出来ていて、それで悩まされている人も実は多いかもしれません。

 

背中に尋常性瘡が発生してしまうと、自分では直接、見ることは出来ませんが、とても気になるになりますよ。お風呂に入る際に、鏡に背中を映して見たとしても、思うように見えませんよね。

 

また、背中の開いた服を着ていたり、水着を着ていたりする際には、全くしらない人に背中の吹き出物を見られていることになるので、それも嫌なとされています。

 

それに、気が付かないうちに出来ていることもあり、家族や友人に言われてから、自分でやっと吹き出物の存在に気づくこともあるでしょう。

 

このように、見えない場所で、自分でも気づきにくい、とても厄介な背中の吹き出物は、どうして出来てしまうのでしょうか?

 

御存知ない方も多いと思いますが、実は背中は、顔の次に、皮脂線が多く存在する部位です。皮脂の分泌が、他の部位より多いため、吹き出物が出来やすくなっています。

 

皮脂が多い場所は、P.acnesの栄養となるものが多い部位なので、背中も、顔と同様、吹き出物が発生しやすいのです。

 

背中の吹き出物のこまった点は、やはり、顔と違って、手が届かない場所であることから、ケアがしにくいことでしょう。

 

肌のケアをしたくても、思うようにできませんし、背中の吹き出物は、顔のように一箇所ではなく、小さい吹き出物が、広範囲にとてもたくさん散らばっています。

手の届きにくい背中は、どんな感じでざそうケアをすればいいのでしょうか?背中のざそうを予防するには、皮膚を清潔に保つことが一番良いです。

 

背中の汗や、皮脂、汚れを、毎日、きちんと洗い流して、皮膚を清潔に保ちおく事で予防できますし、それだけで特に特別なケアは必要ないでしょう。

 

背中を清潔に保つのは、やっぱり、お風呂でしっかりと洗うことですが、市販されているナイロンタオルなど、肌を傷つけやすいもので、ゴシゴシ洗うことはNGです。

 

これでは、肌ケアになりませんし、肌にダメージを与え、肌荒れの原因になります。それに、背中吹き出物がすでにある方は、それが悪化してしまいますので、背中を洗う際は、柔らかいタオルや、手で洗いるでしょう。

 

また、背中ケアには、使用するボディソープや石鹸にも、気をつけましょう。洗った後、体がしっとりとするものは、肌ケアに良いのでしょうかが、実は、油分が多く含まれているので、吹き出物を悪化させてしまうだと言えるでしょう。

 

また、ボディソープですと、界面活性剤を使用している場合、肌への刺激が強すぎてなります。吹き出物などで、肌がすでに弱っている場合、ケアするのでしたら、脱脂効果が弱い固形石けんなどがベストみたいです。

 

赤ちゃん向けの低刺激石けんなどを使うことも良いと思います。それから、背中を洗う際だからって、先に洗髪を済ませて置きましょう。

 

先に背中を洗うと、その後、髪つけるトリートメントや、リンスなどが、背中に残ってしまうので、吹き出物には良くありません。