背中の吹き出物に良くない食べ物

背中の吹き出物に良くない食べ物

背中吹き出物が悪化しないために、他にもできる事はいろいろあります。例えば、洋服です。刺激が少ない衣類を選んで着ることも肌ケアになる為、素材にこだわってみて下さい。

 

夏場になると、背中肌の炎症性疾患も悪化しますよね?これは、肌に密着している服に汗が付く事、また、皮脂の分泌は、夏場に多くなることが原因です。

 

また、長い髪の方は、背中の部分に髪があたると、皮膚に刺激を与え、背中吹き出物が悪化します。それから、日焼けも、皮膚の角化を進行させますので、日焼けが多い方は、背中吹き出物を作りやすいです。

 

背中吹き出物をケアするだけでなく、出来ないように日頃から、日焼けに気をつけることも必要です。

 

夏場、背中が開く洋服を着る際は、日焼け止めをきちんと塗ってケアするか、スカーフ類を巻いて保護するなど、背中の日焼けにも気をつけましょう。

 

最近では、背中の部分が長くなっている、紫外線カットの防止も売られていますので、それらでしっかりとカバーして下さいね。

 

そして、背中吹き出物をケアする為には、食べ物にも気をつけることが重要になります。油分の多い食べ物は、吹き出物全般に良くありません。特にチョコレートは、吹き出物の大敵です。

 

チョコレート、お菓子、ケーキなど、糖分の高いものを好む女性はおおいかもしれませんが、背中吹き出物の要因となるのです。

 

デザート類に含まれている、糖分や脂肪分、また、もち米の炭水化物など、過剰に摂取すると、皮脂の分泌が多くなります。

御存知の方もも多いと思いますが、アーモンドなどのナッツ類も吹き出物には良くありません。また、刺激が高い香辛料もダメだので、皮脂腺が刺激される食べ物はとり過ぎないようにしてください。

 

吹き出物ケアをしながら、日頃の食べ物に気をつければ、すでにできてしまっている背中吹き出物も改善出来るはずです。

 

また、肌が乾燥する事も、背中吹き出物を引き起してしまう要因となります。肌が乾燥して、乾燥肌になると、吹き出物ができやすい体になることです。

 

人の肌と言う物は、28日の周期で新たな皮膚の細胞が生まれ変わっています。ご存知の方も多いと思いますが、ターンオーバーと呼ばれている現象です。

 

肌ケアに関心のある方は、このターンオーバーを生かしたスキンケアをされている方も多いでしょうね。肌の乾燥や、加齢によって、皮膚が硬化してしまったりすると、角質層が硬く厚くなります。

 

そうなると、ターンオーバーの周期が通常通りに行かなくなり、周期が乱れます。
アカとして、落ちていくはずの古い皮膚が、はがれ落ちず、古い角質(別名をケラチンともいいます)が毛穴を塞いでしまうのです。

 

吹き出物はこうした、毛穴の汚れとつまりが原因となっているため、ターンオーバーの上手く行かない部分に吹き出物が発生します。

 

夏場は汗などで、背中吹き出物が出やすいですが、冬場も、乾燥肌で、同じように吹き出物が出やすい季節となるんです。

 

ですから、冬の吹き出物ケアは、乾燥肌にならないようにスキンケアして上げる事が大切になります。