芯を出す吹き出物ケア方法

芯を出す吹き出物ケア方法

吹き出物が出来てしまったら、みなさんはどんな風に対処していますか?そのまま触らずに治るまで我慢しますか?それとも、我慢できずに吹き出物をつぶしてしまいますか?

 

昔は「吹き出物が出来たら、つぶして治す」と言う人が多かった気がします。そして、間違ったつぶし方により、吹き出物跡がひどくなってしまった方も実際にいらっしゃるでしょうよね。

 

吹き出物は、基本的には、「できてしまったら、もう触らない」という事が呼ねれている中、いまだにつぶして治している人もいるようです。

 

では、面皰をつぶすことで、本当に自分で治すことが可能なのでしょうか?吹き出物ケアについて調べて行くと、意外なことがわかっています。

 

それは、吹き出物が出来たばかり、最初のころに限定されますが、上手に吹き出物の芯だけ出すことが出来たのであれば、吹き出物を放置しておくよりも、跡にならずに上手く治せることもあるということになりますね。

 

吹き出物をつぶしてはいけないものだと思い込んでいた人も、目からうろこかも知れませんね。綺麗に治ると言う事で、実は、この芯を出す方法を行っている方も意外と多いとか?

 

ただし、これは初期の段階の吹き出物に限られているケア方法です。すでに、悪化していたり、赤く炎症を起こしていたりする尋常性瘡は、やっぱり、従来どおり、触ってはダメです。

 

では、どのように自分で吹き出物ケアを行うのか、芯を出す方法をご紹介しましょう。芯を出す場合は、汚れた手で触って、ばい菌が傷口から入らないように注意した方がいいのです。

尋常性瘡の芯出しは、まず、手を清潔にすることが重要になります。そして、洗顔をしておいて、顔の皮膚も清潔にしておきます。

 

雑菌が傷口から入って、余った炎症)を引き起してしまうことのないように注意しましょう。

 

そして、爪で押し出す方も多いですが、爪にも、ばい菌がいる事が多いため、代わりにメンボウを2本、つかって押し出してくださいね。

 

おすすめは、お風呂上がりなど、肌が清潔で、柔らかくなりいるときです。メンボウを使って、はさむようにやさしく吹き出物を押してみて下さい。

 

芯がうまく出てこなければ、方向を変更してみるなどします。無理に強く押して傷口を広げることは止めましょう。自分でダメだったら、皮膚科でも芯の押し出しをしてくれるところもあるようです。

 

また、肌の炎症性疾患ケアの専門器具を使うこともオススメでしょう。毛穴から尋常性瘡の芯を出すための道具、吹き出物圧子(めんぼうあっし)と言う物があります。

 

これは、ドラッグストアや、ホームセンター、また、ネットでも購入できますので、1本、おうちにあると便利だと思います。

 

吹き出物意外でも、毛穴のよごれを上手に出すことができる為、スキンケアに使ってみる方も多いです。そして、清潔に使うために、消毒液も必要なのですね。

 

また、芯が出てきたときに使う、ピンセットや、芯を取り出した後、塗っておく軟膏などもあるとベストようですよ。

 

では、吹き出物圧子を使って、吹き出物を実際につぶしてみましょう。面貌圧子を吹き出物に直接、押し当て、芯を押し出すように動かします。