吹き出物の芯の出し方

吹き出物の芯の出し方

吹き出物の中から、白い芯が押し出されたら、ピンセットで芯をつまみ、取り出します。患部に、軟膏を塗って、そこから雑菌が入り込まないようにします。

 

作業はこれだけですから、簡単に吹き出物ケアができそうになりますが、芯を押し出す作業は結構、難しいと思います。

 

強くやりすぎると、肌の炎症性疾患が悪化するので気をつけてくださいね。芯が出る様子を見ながら、何度か、軽く押す作業を、気長に続けるということが多くなるでしょう。

 

この芯を出す方法が、上手く行ったのなら、おのずと治るよりもずっと早く吹き出物が治ります。吹き出物ケアをいろいろと施すより、この一発で治るのでしたら、手っ取り早いですよね。

 

この器具を使って、鼻なんかの毛穴に詰った、脂を取り出してスキンケアされる方もいらっしゃるのです。傷つけないようにやさしく扱うことがポイントですねが、なれてきたら、毛穴のケアも自分で簡単にできるようはずです。

 

繭り返し言うように、吹き出物の芯を出す行為は、初期の段階だけ通用する方法で、白吹き出物に限定されているのです。

 

悪化して赤くなっていたり、炎症がひどくなって、黒ざそうになっていたりする場合、無理に芯を出すと、効果もない上に、肌に大きな損傷を与え、跡も残ってしまうことになるのです。

 

ですから、悪化してしまった吹き出物をつぶすことは、絶対にNGだといえるでしょう。

 

黒吹き出物にまで進んでしまっている場合は、もう疾患のひとつですから、早めに皮膚科(病院だから安心、信頼できるとは限らないので、まずは口コミをチェックしましょう)を受診したほうが良いです。

吹き出物の芯は、膿と呼ぶ人もいて、確かに膿がたまっているようにも見えます。これが、うまく取り除けずに、一部分を残してしまったりすることになったら、吹き出物の治りも遅れてしまうはずです。

 

膿を全部、出そうとして、なかなか出ない場合に、つよく押したり、つまんだりすると、赤みが増し、肌が受けるダメージは大きくなるのではないでしょうか?

 

年齢が高くなると、このダメージに対しての自然治癒のスピードも遅くなっていますから、そのまま、色素沈着になったり、シミになったりします。

 

これでは、吹き出物ケアどころか、新たな肌トラブルを起こしていることになりますよね。これを回復させようと思ったんだったら、エステティックサロンなどで、レーザー施術を受けて治す事になります。自分でケアするつもりが、かえって高くつくケースです。

 

ところで、面皰の芯と呼ばれているもの、みなさんは、実際に見たことがありますか?

 

自分で、吹き出物の芯を押し出したことがある方は、どのようなものか見たことがあるんでしょうかが、芯と呼ばれるだけのことはあって、棒のような形をしているんです。

 

そもそも、吹き出物とは、皮脂や角質が毛穴に詰まって、それをアクネ菌が栄養にして、繁殖している状態です。このように毛穴を詰まらせている、皮脂や角質が棒状態になっているものを、吹き出物の芯と呼んでいます。

 

別名で、コメドという名前の場合もあります。コメドが紫外線を浴びると、さらに悪化し炎症がひどくなります。コメドは吹き出物の原因であり、肌トラブルの原因であり、すべての原因となっている悪者なのです。