ニキビの原因と種類

大人ニキビができる原因ってなぜ?

大人ニキビとは、主に20代〜30代にかけてできるニキビを言います。一般にニキビは、思春期の時にできるとされていますが、最近は大人になってからできる人が増えています。大人ニキビは、皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖し、炎症が起きることで発生します。

 

毛穴が詰まる原因としては、皮脂が過剰に分泌されることが挙げられます。普通、過剰に分泌された皮脂は毛穴から排出されるのですが、新陳代謝がうまく行われず、古い角質が残ってしまい、そこに細菌が繁殖するのです。

 

新陳代謝がうまく行われない原因は、加齢による場合がもっとも多く、ほかに、冷えによる場合やストレス、睡眠不足、偏った栄養、運動不足などによるホルモンバランスの乱れ、便秘などがあります。

 

また、スキンケアも大人ニキビの原因になります。クレンジングや洗顔不足のすすぎ残しは、落ちきらなかった化粧品や落ちるべき古い角質が残ったままとなって毛穴をふさいでしまい、その結果、皮脂が詰まって大人ニキビができます。

 

逆に、過剰なスキンケアも原因に。油分の多い乳液やクリームは毛穴の油分を増やし、細菌を繁殖させやすくします。肌の乾燥も、大人ニキビにとっては大敵です。肌が乾燥することで、水分のない角質が毛穴に詰まりやすくなるからです。

 

大人ニキビは跡が残るとなかなか取れないばかりか、一生残ってしまうことも。そうならないためにも、正しいスキンケアと日々の生活に注意することが大切です。

ニキビと病院

ニキビが出来て病院へ行く人というのはどれくらいいるのでしょうか?ニキビが出来たら、放っておくという人が多く、または市販されている薬を購入してケアするという人も多いといわれています。ニキビが出来てしまった場合には、病院へ行くという人は少ないかもしれませんね。

 

ニキビが出来てしまって病院へ行く場合には、皮膚科を受診するということになりますが、皮膚科へ行けばニキビ治療をしてもらうことができます。

 

ニキビが出来た人の中には間違ったニキビの治療方法を自分で荒療治として行っている人もいるのですが、たとえばどんな方法かというと、荒療治として、自分でニキビを潰してそして中の膿を出してしまうという方法です。

 

潰して膿を出すことでニキビが早く治療できますが、それはやってはいけないことです。自分で潰すということは肌を傷つけることになりますから、肌が傷ついてその部分が跡になったり、悪化する可能性があります。

 

ニキビが出来やすい体質の人というのは早めに病院へかかる習慣をつけておくと悪化するのを防ぐことができますからいいと思います。なかなか病院へ行くのがおっくうだという人もいるかもしれませんが、早めの受診がニキビ悪化を防ぐのです。