ニキビの原因と種類

あごのニキビの治療法と改善法

あごニキビができてしまうと、とても目立ちますし、悪化してしまうことも多いでしょう。あごニキビは男性ホルモンの分泌量過多が原因になるといわれていて、思春期よりも大人になってからできやすいニキビです。

 

男性ホルモンはストレスが溜まっていたり、食生活の乱れなどが原因で多く分泌され、ホルモンバランスを崩すと考えられています。あごニキビを治療、改善するためには、通常のニキビケアの他に、生活習慣を見直す必要があるでしょう。しっかりと睡眠をとって、栄養バランスの良い食事をとり、なるべくストレスをためないようにすることが大切です。

 

また、あごニキビは洗顔料やシャンプーなどの洗い残しが原因でもできてしまいます。丁寧に洗った上で、やさしく水気を拭き取り、化粧水などで充分に保湿してください。あごニキビがあると、つい気になって触りたくなりますが、雑菌のついた手で触ったりしたら、ニキビがますます悪化してしまうでしょう。

 

洗顔やスキンケアの時以外には、触らないように気をつけてください。あごニキビがなかなか治らない場合には、早めに皮膚科を受診した方がいいかもしれません。あごにニキビの跡が残ってしまうと、とても気になるものです。

 

あごニキビがひどくなってきたなと思ったら、皮膚科で専門的な治療を受けるようにしましょう。もしかすると、ただのあごニキビではなく、酒さ性痊瘡かもしれません。酒さ性痊瘡の場合には、他の箇所にも拡がってしまう恐れがありますから注意が必要ですね。

ニキビと漢方薬

ニキビを治療する方法の一つに漢方薬を使って治療をするという方法があります。ニキビを治療に漢方薬を使うことのメリットを紹介します。

 

ニキビが悪化している時には抗生物質を使って治療をするということが多いのですが、ニキビ治療のために抗生物質を使うと多くの場合が、副作用や悪化させてしまうということが報告されています。たとえば抗生物質を長期間使った場合には、ニキビが再発しやすい状況になるとも言われているのです。

 

ですから抗生物質をつかってニキビ治療をするよりは漢方を使った方が副作用の心配がないということです。ニキビ治療に漢方を使うと、ニキビを体質から改善させるというメリットもあります。ニキビはできる場所によって体の何らかの異変が原因とされていますから異常な部分を漢方で根本から治療するという方法があります。

 

漢方薬は薬ですが、飲み続けることで体に害を与えるような薬ではありませんから、安心して服用することが出来るのです。

 

あまりニキビが出来たからと言って頻繁に抗生物質などを飲み続けているというのは体にとっていい影響があるとはいえませんから、その点を考えてみても、漢方で根本的な面から改善していくということはとても効果があるということにつながるのです。