ニキビの原因と種類

鼻のニキビの治療法と改善法

鼻にできるニキビはとても目立ちますし、隠しようがないので、早く治したいですよね。一般的には、鼻の頭や小鼻だけでなく、鼻の周辺にできてしまったニキビを鼻ニキビと呼んでいます。鼻は皮脂の分泌量が多く、アクネ菌が繁殖してしまいやすい部位です。

 

また、つい鼻を指で触ってしまったりするのも、細菌を繁殖させてしまう原因になるようです。それに、油分の多いファンデーションも鼻ニキビの原因になりやすいでしょう。生理前にホルモンバランスが崩れると、特に鼻ニキビができてしまいやすくなります。

 

鼻ニキビの治療、改善法としては、毛穴を皮脂で詰まらせないようにすることが大切です。きちんと洗顔して余分な皮脂や汚れを落とし、化粧水などで保湿します。ただ、皮脂の落としすぎもよくないので、洗顔剤を使っての洗顔のしすぎには注意してください。

 

市販のニキビ治療薬を使うというのも、初期のうちであれば効果的でしょう。でも、鼻ニキビが悪化して、化膿してしまったら、皮膚科に行って治療した方がニキビ跡が残らなくて済みますし、早く改善できます。ストレスをためないようにしたり、生活習慣や食生活を見直すのも、鼻ニキビの改善に役立つといわれています。

 

一説によると、胃腸が不調だと鼻ニキビができやすくなるそうです。鼻ニキビができてしまったら、できてしまった原因を自分なりに考えてみて、その原因を改善することが鼻ニキビの治療、再発を防ぐためにも重要でしょう。

赤ニキビ

赤ニキビが出来てしまったことがある人は多いと思います。私も赤ニキビに悩んだことがありますが、赤ニキビというのは見た目にも赤いニキビで、なかなか治らないのが特徴です。

 

赤ニキビが出来る原因としては顔などの皮脂が大量に分泌してしまうことが原因で毛穴が詰まってしまって、皮膚にもともといるアクネ菌という菌が大量発生してしまっていることによって炎症が起きたことで赤ニキビが出来てしまいます。

 

赤ニキビが出来る原因はほかにも、最近は紫外線が強くなっているといわれていますが、外で紫外線に当たることで、皮膚が酸化してしまって、外からの刺激によって炎症が起きることで赤ニキビがけいるといわれています。

 

赤ニキビはできてしまうとかなり炎症がひどくなり、すぐに次の段階の膿がたまってしまう黄ニキビに発展しやすいので、早めの対処が必要です。赤ニキビが出来て少し症状が悪化していると感じたら、迷わず皮膚科を受診した方がいいかもしれませんね。

 

皮膚科を受診することによって早くケアすることが出来ますし、赤ニキビの次の段階の黄ニキビへの発展を防ぐことが出来ると思います。いずれにしてもニキビが出来てしまったら早めの対処とケアが必要ですから覚えておきましょう。