ニキビの原因と種類

おでこのニキビの治療法と改善法

おでこにできるニキビは、特に思春期にできやすいといわれています。おでこはTゾーンと呼ばれるように、顔の中でも皮脂の分泌量が多いところです。思春期には、成長ホルモンの影響で、ホルモンのバランスが乱れやすくなります。

 

ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴が詰まっておでこニキビができてしまうというわけです。思春期を過ぎてもおでこニキビに悩まされるようなら、ホルモンバランスを乱しやすい生活を送っていないか、生活習慣を振り返ってみた方がいいですね。

 

おでこニキビの治療、改善法としては、他のニキビと同様に、洗顔で汚れと皮脂をきちんと落として、化粧水などで保湿することです。洗いすぎると皮脂が落ちすぎてしまいますが、おでこはすぐに皮脂が出やすいので、洗顔料を使わないで水洗いすれば、皮脂を落としすぎてしまうこともないでしょう。

 

朝と夜は洗浄力が強めの洗顔料でしっかりと皮脂と汚れを落とし、昼間は水洗い、もしくは、洗浄力が弱めのマイルドな洗顔料を使うのがオススメです。また、前髪がおでこニキビの原因になることもあります。

 

前髪にリンスやトリートメントなどの成分が残っていたり、前髪についた整髪料やほこり、汚れなども、おでこニキビの原因になったり、悪化させたりしてしまうのです。前髪でおでこニキビを隠そうとすると、逆効果になってしまうわけですね。

 

思春期にできるおでこニキビは、悪化しないように、跡ができないように気をつければ、いずれできなくなるでしょう。思春期を過ぎてもおでこニキビができてしまうのなら、生活習慣を見直して、体調、体質を改善する必要があります。

対策

おでこニキビは、一般に思春期にできやすいと言われています。おでこニキビの直接の原因は、皮脂が毛穴に詰まり、そこでアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてニキビになります。なぜ皮脂が毛穴に詰まるのかというと、ホルモンバランスの乱れにより、皮脂が過剰に分泌されるからです。

 

特に思春期は、成長ホルモンの分泌が活発になることでホルモンのバランスが崩れがちになり、ニキビができやすくなります。おでこニキビの対策としては、正しいスキンケアです。ニキビ専用の洗顔せっけんを使用し、丁寧に洗顔して、洗顔の後はしっかり保湿をします。

 

ただし、あまり油分の多いクリームや乳液は避けるようにすること。それと、前髪がおでこにかからないようにすることも大切です。ニキビができているとどうしても隠したくなりますが、髪の毛がニキビに触れることで、細菌が繁殖しやすくなるので、前髪がニキビに触れないようにします。

 

また、紫外線対策も大事。特におでこは紫外線が当たりやすいため、帽子をかぶったり、日焼け止めクリームを塗るなど、しっかりUVカットしましょう。ほかに、ビタミンAやビタミンCをたっぷり摂るなど、栄養バランスのよい食事も心がけたいですね。

 

一方、おでこニキビが大人ニキビの場合は、正しいスキンケアを行うと同時に、質の良い睡眠や栄養バランスのとれた食事、適度な運動、ストレスの解消といった普段の生活に注意しましょう。

 

大人ニキビは、早期対策が鉄則。悪化させると跡が残り、一生消えなくなってしまうこともあるので、症状がひどくなってしまったときは、専門医に診てもらうようにしましょう。