ニキビの原因と種類

お尻のニキビの治療法と改善法

お尻にニキビができてしまうと、とても恥ずかしいものですよね。できた場所によっては、座ると痛かったり、水着になるのが恥ずかしかったりと困ってしまいます。それに、お尻ニキビは治りにくく跡が残りやすいというのも、やっかいなところです。

 

お尻ニキビができてしまう原因としては、お尻をきちんと洗えていなくて、毛穴が詰まってしまったことが考えられます。

 

また、体を洗っているタオルやスポンジなどの刺激が強すぎるのかもしれません。それに、ボディーソープが落としきれていない可能性もあります。先に体を洗ってから頭を洗う方の場合には、シャンプーやコンディショナーの成分がすすぎの時にお尻やその周辺に付着して残ってしまうこともあるでしょう。

 

夏場に限らず、下着をずっと替えていなくて不衛生だった場合にも、お尻ニキビができてしまうことがあります。通気性が悪い素材の下着や肌に合わない素材の下着は、履かないようにしてください。お尻ニキビの治療、改善法も、他の箇所にできたニキビへの対策と同じです。

 

皮膚を清潔にした上で、生活習慣を改善して、ホルモンバランスを整えるようにします。お尻ニキビの場合には、患部の通気性があまり良くないことが多いですから、余計に治りにくくなってしまいがちです。

 

できれば、締め付けないゆったりとした下着を身につけ、こまめに替えるようにしましょう。跡を残さないためには、皮膚科で相談して専門的、かつ、高度な治療を受けるのがオススメです。

ニキビ占い

ニキビ占い、昔誰もがやったことがある占いの一つではないでしょうか?「思い思われ振り振られ」なんて言葉がありますが、顔のどこにできたニキビは、ひとを思っているニキビだとか、顔のどこにできたニキビは、人に思われている、ふられる、ふるなどとニキビで占いを兼ねていたもんですね。

 

今から考えてみると、ニキビ占いというのは全くもって根拠がないと言えばないのですが、思春期特有のニキビが楽しい恋愛占いになっていたのです。

 

ニキビが占いになるというのもすごい話なのですが、意外とこれが盛り上がったりして、ニキビが出来た部分を見ては、「誰か好きな人がいるでしょ〜」とからかったりからかわれたりするかもしれませんね。思春期は顔にニキビが出来やすい時期で、多くの思春期を迎えている年代の人がニキビに悩むと思います。

 

その年代はホルモンのバランスなどによってニキビが出来やすく、また皮脂が分泌しやすい時期とも言われています。このようなことから、思春期の誰もが通るニキビという症状を使って占いが出来たんでしょうね。

 

今も昔もニキビ占いはあるといいますから、面白いもので言い伝えられてニキビ占いは、今でも思春期の学生の間で楽しまれています。