ニキビ対策

ニキビの種類について

一言でニキビと言っても、その時のお肌の状態や症状によって呼び方も変わってくるので、少しここで紹介したいと思います。

 

まず、一番症状が軽く、ニキビ予備軍になるのが、「コメド(角柱)」です。コメドは分泌が過剰になった皮脂と古い角質が混ざって出来たもので、ニキビの芯のような物です。これが毛穴を詰まらせ、やがてニキビへとなっていくのです。

 

次の段階は、「白ニキビ」と「黒ニキビ」で、これもまだまだ初期の段階ではあります。コメドによって毛穴が詰まり、皮脂がどんどん溜まっていくことにより、「面皰」という状態が出来上がります。

 

面皰に皮脂が溜まりに溜まって、白くポツンと盛り上がっている状態が「白ニキビ」です。皮脂が毛穴を押し上げてしまい、それが空気に触れ、酸化してしまった状態が「黒ニキビ」です。

 

この状態を放置しておいたり、無理矢理潰そうとして悪化してしまった状態が「赤ニキビ」になります。よくCMなどでも耳にしたことがある方も多いと思いますが、お肌にはアクネ菌という細菌が住みついています。

 

そのアクネ菌が遊離脂肪酸という刺激性の物質を生成し、毛穴を赤く腫れさせたり、炎症を起こしたりするのです。赤ニキビはニキビ跡が残りやすく、紫外線に当たることにより出来たりもするので、早めにケアすることを心がけましょう。

 

そして、ニキビの中で最終段階であり、最も危険な状態が「黄ニキビ」です。膿腫とも呼ばれますが、毛穴周辺の皮膚組織がアクネ菌やブドウ球菌などによって破壊され、酷く炎症を起こし、毛穴には膿が溜まり、腫れあがった状態を言います。

 

ここまで来ると、ニキビが治ったとしてもお肌が凸凹とクレーターのような状態になったり、色素沈着を起こしてニキビ跡が残ってしまうことが多いでしょう。

背中ニキビ

ニキビといえば顔にだけできると思っている人も多いかもしれませんが、実はニキビは顔に限らず背中にもできるといわれています。顔も背中にもたくさんの毛穴がありますから、背中ニキビも、顔のニキビと同じようにできるのです。背中のニキビには漢方がいいといわれていますが、背中のニキビの治療方法は色々とあります。毎日のケアで背中ニキビを予防することは可能ですが、どのような背中ニキビ対策がいいのでしょうか?背中ニキビを防ぐためには石鹸できれいに洗った後にすすぎ残しがないかどうか確かめてしっかりと流しましょう。背中ニキビの原因の一つには、シャンプーや石鹸のすすぎ残しもあるといわれています。特に背中ニキビは、ウェディングドレスなどで背中があいているドレスを着ようと思っている人なんかもケアを早めに行う必要があります。背中ニキビの治療方法として人気が高いのがピーリングです。ケミカルピーリングで背中ニキビを治療するという人も多いでしょう。顔にはニキビ用の化粧品がありますが、最近は背中ニキビ対策用の化粧品や化粧水なども販売されていますから毎日のケアで背中ニキビを改善することはできるのではないでしょうか?背中ニキビの原因の多くも普通のニキビと同じく、生活習慣や食生活が原因といわれています。