ニキビ対策

ニキビを治療する薬とは?

ニキビを治療する薬として、ニキビの原因菌であるアクネ菌や化膿を起こす菌の繁殖を抑えるために、抗生物質が主に使われています。

 

抗生物質はニキビだけでなく、風邪の時など様々な症状に用いられていますが、ニキビ治療に使われるのは主に、テトラサイクリン系やマクロライド系の抗生物質です。

 

抗生物質はニキビ以外の症状にも効果があるし、ずっと使っていれば、その間は病気知らずだ!なんて思いがちですが、同じ抗生物質を長期間使用していると耐性菌が出来てしまいます。

 

耐性菌が出来るということは、その抗生物質の効果がなくなってしまうということです。なので、長期的に同じ種類の抗生物質を使用することはできません。

 

つまり、抗生物質はニキビ治療の際、ニキビを完治させるために使用するというよりはニキビの重症化を予防するために使い、その後はビタミンB2やB6、ビタミンEなどを補ってあげると良いでしょう。

 

抗生物質の他にも、ニキビに有効だと言われている成分がいくつもあり、外用薬などに含まれています。例えば、イオウもその一つで、ニキビ向けの医薬部外品には多く使われているのです。

 

それに、アクアチムという外用抗生物質もよく使われますね。ニキビの原因菌と言われるアクネ菌やブドウ球菌に対して抗菌作用を持っている抗生物質で、毒素を体外に排出する作用を促進すると言われています。

 

お医者さんの処方が必ず必要ですが、ニキビ治療に高い効果を発揮するのが、レチノイン酸です。このレチノイン酸も元々角質を薄くする作用を持っていて、さらに皮脂の分泌量を抑えることが出来るので、ニキビ治療には持ってこいの成分です。

 

ニキビが重症化してしまった時には、お医者さんに処方してもらうと良いでしょう。

ニキビ化粧品

ニキビ化粧品といえば何を思い浮かべますか?ニキビ化粧品といっても今色々なものが販売されていますが、やはりニキビの人というのは、ちゃんとニキビをケアするような化粧品を使った方がいいと思います。

 

ニキビが出来る肌というのはそれなりに肌が敏感になっていたり、正常な状態ではないということになりますから、ニキビが出来やすい体質の人は普通の化粧品を使うのではなくてニキビ専用の化粧品を使うというのが一番ではないでしょうか?

 

ニキビ化粧品と聞いて最近人気があるのが、眞鍋かをりさんがイメージキャラクターを務めているプロアクティブです。プロアクティブは、ニキビ化粧品として今とても人気があり、男女問わず使っている人が多いのではないでしょうか?

 

これからニキビケア化粧品を選びたいと思っている人は一度プロアクティブを使ってみるというのもいいかもしれませんね。

 

ニキビケア化粧品はほかにもいろいろと販売されていますが、化粧品を使ったから必ずニキビが出来ない体質になるというわけではありませんので、ニキビの原因になっている体質改善からしなくてはいけないことを覚えておきましょう。体質改善をしつつニキビケア化粧品を使うというのがいいのではないでしょうか?

ニキビの薬

ニキビができた時には、薬を塗ったり飲んだりして治療をしている人も多いのではないでしょうか?ニキビの薬は市販されていますから、たとえば有名なものでクレアラシルなどの塗るニキビの薬を塗るということも効果があると思いますが、もしもひどいニキビの場合には、皮膚科でニキビの薬を処方してもらうというのがとてもいいことではないでしょうか?市販されているニキビの薬は一般的にニキビの薬として市販されているものですから、必ずしも自分のニキビの症状に合うとは限りません。ですから、自分にぴったりと合ったニキビの薬で早く治療したいと思っている人の場合には皮膚科へいってニキビの薬をもらってくるのが一番です。もしも皮膚科へ行かずにニキビの薬を買いたいけど、どの薬がいいのか迷ってしまっている人は、ニキビ薬のランキングがインターネット上で掲載されていますから参考にするといいのではないでしょうか?ニキビ薬ランキングでは今選ばれているニキビの薬が何なのかがよくわかります。またニキビの薬を実際に使ったことがある人の口コミなどを参考にしてニキビの薬を選ぶという方法もいいかもしれませんね。芸能人おすすめのニキビの薬などもあり、先日はテレビで椿姫彩菜さんおすすめのニキビの薬も紹介されていました。