ニキビ対策

冬に出来るニキビの対処法とは?

ニキビは夏の暑い時期にしか出来ないと思っている方も多いかもしれません。でも、実は、ニキビは冬でもケアをしてあげる必要があるんです。

 

確かに夏になると新陳代謝が活発に行われ、皮脂の分泌量が増えると共に、その皮脂が毛穴に詰まりやすく、ニキビができやすくなりますよね。

 

しかし、冬は冬で、肌自体の力も弱くなり、とっても乾燥に弱くなっている時期なのです。なので、冬になると乾燥で肌の免疫力などが低下し、はがれた角質が毛穴を塞いでしまうことによって、ニキビができやすくなります。

 

この乾燥はニキビ以外の肌トラブルも引き起こすので、要注意です。皮脂は冬独特の気温の低下と乾燥により、サラサラからドロッとした粘着性のある物に変化します。

 

これにより、皮膚表面への排出が滞り、ニキビへとなるので、冬は血行を良くすることと、ターンオーバーを促進させるように心がけましょう。

 

まずはクレンジングです。ゴシゴシと洗いすぎると水分が全くなくなり、肌表面を傷めてしまいます。それを防ぐためにも、泡で優しく汚れを洗い流してあげましょう。

 

冬は寒いからといって、熱いお湯などで洗顔してしまうと、皮脂分を持っていかれてしまうので、寒くてもお肌のために我慢して水がぬるま湯で洗ってください。

 

また、洗った後のスキンケアも重要です。化粧水や乳液、クリームなどは、手で人肌程度に温めてから顔に塗りましょう。

 

その時に軽くマッサージをしながら塗ってあげると、お肌の潤いを十分に保つことが出来るのです。夏の冷房が終わったらと思ったら、今度は暖房が肌の健康を脅かします。

 

暖房も冷房と同じく、乾燥を起こす要因となるので、加湿器などを傍に置いて乾燥を防ぐのも大事です。

おでこニキビ

おでこにニキビが出来てしまって困っているという人も多いのではないでしょうか?おでこに出来るニキビの原因として考えられることはおでこには毛穴がたくさん集まっていますから、毛穴から皮脂が大量に分泌していることや髪の毛の前髪がおでこにかかっていることによってニキビができやすいといわれています。顔を普段から清潔に保てなかったり、ストレスがたまっている、生活習慣が乱れている、食生活のバランスが偏っているというときには、おでこニキビができやすい環境にあるといわれています。食生活はおでこニキビにかかわらず、いろいろなニキビの原因になりますから十分に食生活には注意しましょう。おでこニキビを治療する方法としては、前髪がおでこにかかっていてそれが原因でニキビが出来ているという場合には、前髪がかからないようにすることが大切ですし、顔に脂がたまりやすいという人の場合には、洗顔をこまめに行う、そして乾燥させたままにしないということも大切なことです。おでこニキビは、場合によってはシャンプーのすすぎ残しが原因で起きるということもありますから、シャンプーなどをすすぐ場合にはしっかりとすすぎ残しのないように注意しておでこニキビを防ぎましょう。