ニキビ対策

ニキビ跡の赤み

顔にできたニキビ跡の赤みは目につきやすいようです。ニキビは髪の生え際や額、あごなどにできます。放置しておくとニキビ跡に赤みが出ることがありますが、対策はあるでしょうか?

 

思春期の証のようなものとして、ニキビが思われていたことがありました。大人ニキビを言われる成人になってから出来るニキビや吹き出物でお悩みの場合は、正しいケアが必要になります。

 

ニキビという表現には、何通りかのものがあります。黒ニキビや湿疹のような吹き出物といわれるもの、季節性のもの、赤みが多いもの、化膿しているものなどニキビの種類は様々です。

 

ニキビの症状の他、ニキビの理由も複数の可能性があります。過剰に皮脂が分泌されたことで毛穴の目詰まりがあったり、食習慣や生活習慣の不摂生などが理由でニキビができるというケースがあります。

 

どのような理由でニキビができたかによって対処法も異なりますが、早期の対処が重要という点では一致しています。

 

ニキビの症状によっては、ニキビ跡の赤みがいつまでも引かなかったり、クレーターになることもあります。時には医療機関での治療が必要なこともあります。

 

家での処置でニキビ跡が消せるか、医療機関を頼らなければ赤みが出るかは、ケースバイケースといえます。特にニキビ跡の赤みの場合は炎症などから出来る可能性が高くなるべく早い段階での正しいケアが必要とされています。

赤ニキビ

赤ニキビは炎症が起きている状態のニキビで、大変危険な状態のニキビといってもいいと思います。赤いニキビはニキビの状態の中でも一番悪化している状態と考えるといいのではないでしょうか?白ニキビから始まって、酸化して黒ニキビに変化しますが、その後悪化することで赤ニキビに変化していきます。白ニキビの段階でしっかりと対処しておけば黒ニキビへ悪化することもありませんし、黒ニキビから赤ニキビへ悪化するのはいちばん最悪なケースと考えてもいいのではないでしょうか?スキンケア次第で赤ニキビまで悪化させなくても済みますから早めの対処が必要です。赤ニキビの原因は赤い炎症が起きているということになりますが、痛みがあるという場合には、かなり雑菌が繁殖していて膿が出ている状態です。赤ニキビを通り過ぎるとさらに悪化して黄ニキビになりますがこの状態になってしまうと自分の毎日のスキンケアで治療を何とかしようと思っても手遅れになってしまいます。刺激しないようにケアしていくことが必要ですが、赤ニキビになってしまったら、皮膚科へ行くなどしてスキンケア以外の対処法を考えなければ放っておくと黄ニキビへと発展する可能性がありますから注意しましょう。