ニキビ6要因 食生活、睡眠不足、便秘、喫煙、常在菌、ストレス

ニキビ6要因 食生活、睡眠不足、喫煙

プロアクティブの商品で、吹き出物をケアすることができます。プロアクティブは非常に効果が高いのですが、ニキビができる要因を考え、それらの行動を避けてる事によっても、ニキビを防ぐことができます。

 

面皰は皮脂の過剰な分泌や肌の治癒的回復機能の乱れによって起こるんです。そしてこれらは、様々な6つの要因によって起こります。その6つの要因とは、食事習慣、睡眠不足、便秘、喫煙、常在菌、そして、ストレスです。

1つめの要因は、食生活です。偏った食生活は、健康に悪いかもしれませんね。脂っぽいものや、甘いものは、肌の炎症性疾患には大敵です。脂分や糖分の多い食べ物を食べることは、皮脂の過剰分泌につながり、肌が脂っぽくなる原因となります。特に、吹き出物ができている期間は、脂分の多いナッツ類や糖分の多いチョコレートなどを摂取する事は控えるべきです。

2つめの要因は、睡眠不足です。肌はあなたが眠っている間に作られます。その、肌が作られる時間が短いということは、肌に取って悪いことだと言うのは、だいたい想像がつくでしょう。特に22時から午前2時までの間の4時間は、成長ホルモンの分泌が最も活発となる時間帯です。この時間帯に睡眠をとることが、肌の疲れを取ることや、治癒的回復機能をキープさせることへと繋がります。

3つ目の要因は、便秘です。腸に便がたまると、腸の中にある悪玉菌が優勢かもしれませんよね。それによって、有害物質が発生します。便として排出されずに、腸の中にたまる有害物質は、血液とともに体中をめぐります。そして、皮膚からその有害物質が排出される際に、ニキビを発生させるのだそうです。

4つ目の要因は、喫煙です。喫煙を行ったら、大量なビタミンCが消費されます。ビタミンCには、肌の代謝機能を促進させる働きがあります。喫煙はその上、活性酸素を作り出して、ニキビの炎症を悪化させてしまいます。活性酸素には、肌を老化させるという悪い働きがあります。その他にも喫煙は、血管を収縮させ、血行不良を引き起こします。よって喫煙は、肌にとって悪い環境を作り出す原因といえるでしょう。

5つ目の要因は、常在菌です。皮膚には、常在菌というものが存在します。この常在菌は、外部からの刺激より肌を守る働きを持っているのです。その代表的なものが、アクネ菌です。PアクネとSTエピッドは、細菌の感染を防ぐ働きを持っています。P.acnesは、肌とって必要不可欠な菌の一種でありす。一方、ニキビ菌の過剰な繁殖は炎症を起こし、ニキビが悪化する原因となります。アクネ菌は人間の皮脂を好み、繁殖を続けます。そのため、皮脂が詰まっているニキビは、絶好の増殖場所なのです。プロアクティブの洗顔料は、アクネ菌の過剰な繁殖を抑えくれるものです。

6つ目の、最後の要因は、ストレスです。人間は、強いストレスを長期的に受け続けると、本来機能するはずの、代謝機能が低下したり、菌に対する抵抗力が衰えたりします。特に皮膚は、ストレスの影響を受けやすい場所なのです。そのため、長期的にストレスを常に感じる環境下にいることは、吹き出物の発生をしやすくします。

これらの6つの要因を可能な限り避け、またプロアクティブの商品を用いる事がおすすめです。