プロアクティブのリバイタライジングトナーの効果は?

プロアクティブのリバイタライジングトナーの効果は?

リバイタライジングトナーとは、プロアクティブの化粧水の商品名です。

 

化粧水(高けれね美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)は、化粧品のベースになる存在であり、肌に潤いを与え、肌の調子を整える役割を持っています。

 

リバイタライジングトナーは、リニューイングクレンザーというプロアクティブの洗顔料の後に使います。このリバイタライジングトナー化粧水は、リニューイングクレンザー洗顔料と同様に医薬部外品ですが、非常に強く、殺菌効果の高い化粧水となっています。

 

リバイタライジングトナーに含まれている主な成分には、ハマメリスエキス、カモミラエキス、アロエエキスなどがあるでしょう。アロエエキスは、リニューイングクレンザー洗顔料にも含まれているものです。

 

化粧水は美しく健康な肌を保つためには、非常に重要な基礎化粧品だといわれています。使用頻度が高いために、なるべく経済的に済ませようとコストの低い商品を選ばれる方もおられるはずです。

 

しかし化粧水は、毎朝、毎晩使ってみる、肌を作る基礎となるものなので、粗悪品を使用し続けるとかなりの痛手となるのです。また、質のよい非常にいい化粧水を使っていても、ケチって一回に使ってみる量をへらしてしまっても、せっかくの良い化粧水が意味をなしないでしょう。

 

プロアクティブのリバイタライジングトナーは、コストパフォーマンスも良く、また効果も高いのが特徴です。しかし、プロアクティブはにきびケア商品でありますので、肌に合っていない人には、逆に肌へ負担を掛けてしまうことがあります。

 

リバイタライジングトナー化粧水を初めて利用する場合も、リニューイングクレンザー洗顔料を初めて使うときと同じく、パッチテストをすると良いでしょう。

 

 

リバイタライジングトナーの使用方法

まずは、普通に化粧水を肌につけるときのように、コットンを準備します。

 

コットンにリバイタライジングトナーを染み込ませます。そして、そのコットンを使って、肌の表面を拭き取るようにして化粧水を肌に馴染ませていきます。ここで肌を強くこすらないことがポイントなんです。

 

今まであまり強くない化粧水を用いていた人は、ついつい今までのようにちゃんと化粧水を肌になじませようと、コットンを強く肌に押し付けがちのです。しかし、リバイタライジングトナーは効果がとても強いので、強くコットンを肌に押し当てる必要はないはずです。

 

化粧水を肌に染み込ませる手法に、バッティングというものがあります。ご存知の方も多いと思いますが、パッティングとは手やコットンで肌を叩いて、化粧水を肌に染み込ませることをいいます。

 

リバイタライジングトナーを使用する場合には、パッティングを行うより、肌に化粧水を柔らかく乗せ、染み込ませた方がより効果が高いと言われています。

 

また、リバイタライジングトナーにはプロアクティブ特有のにきびを防止する効果があります。よって、ニキビやにきび跡のある箇ところには、よりちゃんと化粧水を浸透させると、更に効果的です。その場合は、綿棒を使用するのがポイントです。

 

綿棒を使うと、にきびにピンポイントで化粧水をのせられるため、非常に便利です。

 

その際に、もしも殺菌効果が強過ぎて肌がヒリヒリするなんかの刺激を感じる場合には、精製水で化粧水を薄めて使用すると良いようです。リバイタライジングトナーを薄めると、効果が薄れる一方で、肌への負担や刺激も抑得られるはずです。