昔できたにきび後や赤みがいつまでも消えない

昔できたにきび後や赤みがいつまでも消えない

昔できたにきび後や赤みがいつまでも消えないと、思い悩んでいる人は少なくないようです。にきびはホルモンのバランスや体質などによって、誰でもできるものです。頬ににきびが一度にいくつもできると、にきび跡が陥没したり、赤みがなかなか引かないことがあります。

 

しっかりとにきびのケアをしてあげる事がとても大切です。にきびは思春期を過ぎてもできるので、普段から規則正しい生活を送り、肌の状態を常にチェックしておくことが重要です。お肌のお手入れをしっかりしていれば、しばらく肌の赤みが残っても、徐々にわからなくなるでしょう。

 

にきびがまとまってできた部分は、にきび跡になる場合も考えられます。にきびの原因は、ホルモンのバランスの他、余分な皮脂と汚れが元になっています。毛穴が目づまりを起こし、皮膚が化膿すると皮膚が腫れて赤くなります。

 

軽いものであれば洗顔をまめにするなどスキンケアに気を配ることで、自然と色も薄くなり、にきび跡も残さずに、徐々に消えていくことでしょう。

 

一方で、強い赤みを帯びたにきびや先端に膿を持ったにきびが、何個も集中してできた場合や黒いにきびがあります。にきび跡や赤みが長期に渡って残るようなにきびにならないよう、早い段階で対応を取りましょう。