にきびが赤みやにきび跡にならないようにする方法

にきびが赤みやにきび跡にならないようにする方法

にきびが赤みやにきび跡にならないようにする方法は何でしょう。にきびはできると毛穴の周りが赤みを帯び、化膿すると先端に黄色い膿をもつのでなかなか治りにくいものです。にきび跡としていつまでも残る場合もあります。

 

にきびの赤みは皮膚が炎症を起こしている証拠ですが、にきび跡はでこぼこの状態に陥没しています。たとえ炎症がおさまり赤みが引いたとしても、にきびの跡が消えることはありません。にきび跡がへこみはしなかったものの、色素が沈着して茶色い跡が残っているということもあります。

 

皮膚に色が残ったくらいならば、だんだん消えていきます。一方、陥没してしまったにきび跡はそう簡単には戻りません。特ににきびの化膿がひどかったり、たくさん密集してできた場合によくおこります。にきびの炎症がひどくなると、先に白い膿ができることがあります。

 

腫れが気になってにきびを潰す人もいますが、それは逆効果です。にきびはつぶすと細菌感染を起こし、かえってにきびを悪化させることもあるので注意が必要。にきびは化膿すると治りも悪く、いつまでも炎症を起こすので、結果にきび跡も残りやすくなります。

 

にきびができた時に使うようなスキンケア商品もいろいろ出ていますが、にきび跡や赤みを作らないためにはにきびを作らないことが一番です。にきびがたくさんできてしまったら、皮膚科に行くのもいい方法です。