ニキビの対策と治療

ニキビの治療法にはどんな種類があるの?

ニキビの治療法はいろいろあります。最も簡単なのが正しいスキンケアを行う方法で、並行して塗り薬を使用したり、内服薬や漢方などを服用したりします。これらで効果がない場合、病院の皮膚科や美容クリニックなどで治療を受けることになります。

 

ここでは、病院ではどのような治療を行うのかを説明しましょう。ニキビの治療で人気があるのが、レーザー療法です。レーザーを照射して、炎症したニキビや膿の溜まったニキビの炎症部を殺菌し、鎮静させると同時に肌の免疫力も高めます。照射直後から効果が見られ、何回か行うことで高い効果を得ることができます。

 

また、最も一般的に行われている治療法は、ケミカルピーリングです。フルーツ酸などの酸を皮膚に塗布することで、毛穴の詰まりを誘発する古い角質を除去し、新しい角質を再生させる治療法で、コラーゲン合成の促進や美白といった効果もあります。

 

それに、イオン導入もよく行われています。これは、微弱な電流を利用して、普通では浸透しづらいビタミンCなどを、真皮層まで浸透させるというもの。炎症したニキビを沈静化すると同時に、ニキビ跡を軽減したり、美白効果があります。

 

美容業界最新の技術と言われているのが、フォトフェイシャル。従来のレーザー療法とは異なり、IPLという肌に良い光を顔全体に照射。沈着しているメラニンにダメージを与え、コラーゲンの生成を活性化させることで、ニキビやニキビ跡はもちろん、あらゆる肌のトラブル解消に効果を発揮します。

 

サーマクールと呼ばれる治療法もあります。高周波を用いることで、従来のレーザー療法より肌の奥深く(真皮層)まで働きかけ、ニキビの根本原因となっている皮脂腺を破壊します。ニキビの再発とニキビ跡を防ぐだけでなく、肌のハリやリフトアップにも効果があり、現在人気上昇中の療法です。

 

ほかにも、光を用いるフォトダイナミック法やフォトセラピー、ケミカルピーリングの後に行うと有効な圧出などもあります。ニキビの治療は、ニキビの症状にあわせて総合的に行うのが重要で、絶対に避けたいのが自己流による治療です。

 

ニキビを悪化させたり、跡が残ってしまう原因となるので、ひどいニキビは専門医に相談して治療するようにしましょう。

鼻ニキビ

鼻ニキビというのは、別名いちご鼻とも言われているのですが、ご存知でしょうか?思春期の男女の鼻に黒っぽい粒粒が出来ていてまるでいちごに見えることから鼻ニキビをいちご鼻と呼ぶことがあるのです。鼻というのは顔の中でも一番といっていいほどニキビが出来やすい状況にあります。

 

なぜなら鼻にはたくさんの毛穴がありますから、皮脂の分泌が活発なのです。ニキビというのは分泌された皮脂が毛穴などに詰まると出来やすいといわれていますから、毛穴の多い鼻にはたくさんニキビの原因があると言ってもいいわけです。

 

そして鼻に皮脂が毛穴の詰まった状態で、酸化すれば黒くなりますから、それが黒い粒粒に見えていると思います。鼻ニキビを予防するにはどうすればいいのでしょうか?やはりとにかく清潔を保つことが大切ですね。

 

鼻の毛穴の中を常に綺麗にしておくことが大切ですが、最近鼻のパックが販売されていますが、毛穴の中の汚れも取れるとあって、ニキビ対策にいと思っている人も多いかもしれませんが、パック自体はいいのですが、その後毛穴が開いた状態になっていますから、そのままにしておくとまた、毛穴が詰まりますので、化粧水などでひきしめておくと、ニキビ対策になります。