ニキビの対策と治療

ニキビ跡を消すにはいろいろな方法があります

ニキビができた後にできる赤いシミのようなものや、肌の表面の凸凹などは、本当に嫌なものですね。このニキビ跡ができる原因は、ニキビを引っかいたりつぶしたりして、悪化させてしまったというケースがほとんど。

 

顔にできたニキビはどうしても気になり、つぶしたり引っかいたりしてしまいますが、跡にならないようにするには正しいケアが第一です。とはいうものの、跡になってしまったニキビ。何とかしたいですね。

 

ニキビ跡を消すにはいろいろな方法がありますが、現在、ニキビができている場合とニキビ跡ができてから時間が経過した場合では異なります。

 

現在、ニキビができている場合は、ニキビを増やさないためにも、まずは正しいスキンケアを行います。フルーツ酸やサリチル酸などが配合されたピーリング効果がある洗顔料を使用し、洗顔後は、化粧水や乳液などでしっかりと保湿をします。

 

この際、油分をあまり含まないスキンケア用品を使用することが大切。ニキビがひどい場合は、病院で内服薬や塗り薬などを処方してもらうといいでしょう。ホルモン療法やレーザー療法などもあるので、専門医と相談して行うことをオススメします。

 

一方、ニキビ跡ができてから時間が経っている場合は、自分で消すことはほとんど不可能です。特にクレーターのようになった肌を治すには、美容外科などによる治療が必要になってきます。

 

主な治療法としては、ケミカルピーリングやレーザー療法ですが、レーザー療法にはいくつかの種類があるので、医師と相談し、自分に一番合った方法を納得した上で行うようにしましょう。

ニキビ跡

ニキビ跡というのは、一度できてしまうとなかなか自分では消すことが出来ませんから大変ですよね。ニキビ跡が出来る原因というのは、ニキビが悪化してしまって、その部分がたとえば化膿したり、肌が傷つくことで肌にニキビの跡が残ってしまうのです。

 

ニキビ跡のケアの方法は色々とあるのですが、どれも簡単なものというのではなくて、時間がかかったり、先ほど言ったように自分ひとりの手ではなかなか綺麗に治すことは難しいでしょう。

 

ひどい人になるとニキビ跡がクレーター状になってしまって、掘ったような跡が顔中にできている人もいますが、残念ながら、クレーター状になってしまったニキビ跡は、自分ではどうすることもできません。ですから一番いいことは、ニキビが出来たら早めに治療をして、跡が残ってしまうほど悪化させないということが必要です。

 

しかしできてしまったニキビ跡をあとから行っても仕方がないので、できてしまったニキビ跡は、美容外科などでレーザー治療を受ける、ピーリングを受けるなどしてなんとか解消することが出来るといわれています。

 

美容外科などでは気になるニキビ跡を消すコースが色々と充実しているところもあるので、一度調べて行ってみるといいかもしれません。